幻の柑橘!「くねぶ」は、昔から五木村に伝わる希少な在来柑橘です。

くねぶは、昔から五木村の各家庭で植えられ、子どもたちのおやつや酢の物等の料理に、そして焼酎割りにと、暮らしの中で親しまれてきた在来柑橘です。

ルーツは16世紀室町時代後半に、琉球(沖縄)を経由して日本へもらされ、当時、日本にはサイズの大きな生食用の柑橘がなく、くねぶは大変もてはやされたと伝えられています。

やがて江戸時代になると温州みかんが登場し、関東以南の日本各地で栽培されるようになると「くねぶ」は日本各地から姿を消し、現在では、五木村と九州のごく一部でしか栽培されていない、希少な在来柑橘となっています。

お問い合わせ

〒868-0201 熊本県球磨郡五木村甲2627-7

五木村農林水産物協議会

E-Mail : itsuki.kunebu@gmail.com

​TEL : 080-2938-9643

Copyright © 2019 五木農林水産物協議会 All Rights Reserved.